ドイツへの留学

【ドイツ国情報】

ger_01ドイツは、河川、公園、湖など多くの自然に溢れている国であり、なかでもベルリンはヨーロッパで最も緑が多い都市と言われています。ベルリンには約42万本もの樹木があります。なかでも有名なのは、ベルリンの中心に位置する大きな公園、ティアーパーク。爽やかな夏におすすめなのは、公園内にある「Neuer See」というビアガーテンで、自然に囲まれて味わうビールは格別です。
冬は氷点下を下回ることもありますが、夏は30度を超える日は数日程度となり、湿度も低く快適な夏や四季を楽しむことができます。

【ドイツサッカー事情】

ger_02ドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガは1部から3部までが完全なプロリーグで構成されており、1部18チーム、2部18チーム、3部20チームの計56チームが属していて観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグです。2012-2013シーズンのチャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンとドルトムントが決勝で当たり、ブンデスリーガのチームが1・2位に輝くなど世界でもトップレベルのチームを有する。近年では香川真司(現日本代表)がドルトムントに所属する等、日本人にとっても馴染みの深い国となっている。

【ドイツサッカーのリーグシステム】

ドイツでは2006-2007シーズンから外国人枠を撤廃し、それにともない逆にドイツ人枠という形を設けました。これは、各クラブがドイツ国籍を持つ選手12人と契約し、そのうち6人が各々の地元で育成された選手でなければならないというルールで す。そのため、どのカテゴリーにおいても外国人プレーヤーが全くプレーすることができないリーグはなく、外国籍プレーヤーにはチャンスがあると言えます。

アマチュアリーグは6部から11部(各地域により異なり、最大12部ある地域もある)まで存在し、4部・5部では賃金を得てプレーする選手が多数となります。
また6部以下でも勝利給や生活の一部を補助してくれるなどの待遇でプレーしている選手も存在しており、そのサッカーレベルは決して低くはありません。

基本的にどこのリーグのどのチームにいっても、芝のグラウンドがあり、組織があり、サッカーへの理解があるという文化こそがドイツサッカーの土壌であり、それこそがドイツの人々、世界中のブンデスリーガファンの心を離さないルーツと言えます。

【ドイツでプレーする日本人選手】

ドイツでは多くの日本代表選手がプレーしていて、香川真司(ドルトムント所属)、内田篤人(シャルケ04)、長谷部誠(フランクフルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、武藤嘉紀(マインツ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)等1部だけでも数多くの代表選手がプレーしています。最近ではイングランドの名門アーセナルと契約した浅野琢磨がドイツ2部にレンタルされる等、世界的に見ても非常にレベルの高いリーグとなっています。

留学について問い合わせる

必須ご相談内容
必須お名前
必須フリガナ
必須性別
必須生年月日
必須郵便番号
必須ご住所
必須連絡先電話番号
必須メールアドレス
必須ご職業
必須サッカー歴
必須その他メッセージ、ご質問など
必須当サイト「海外移籍ドットコム」を何で知りましたか?